○龍ケ崎地方塵芥処理組合くりーんプラザ・龍設置及び管理に関する条例施行規則

平成11年3月30日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は,龍ケ崎地方塵芥処理組合くりーんプラザ・龍設置及び管理に関する条例(平成11年龍ケ崎地方塵芥処理組合条例第1号)の施行に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(一般廃棄物の分別・搬入)

第2条 龍ケ崎地方塵芥処理組合くりーんプラザ・龍(以下「プラザ」という。)に搬入する一般廃棄物(以下「廃棄物」という。)は,資源物,可燃ごみ,不燃ごみ,粗大ごみ及び有害ごみに分別し搬入しなければならない。

(搬入できない廃棄物)

第3条 次に掲げる廃棄物については,搬入できないものとする。

(1) 有毒性物質を含むもの

(2) 甚だしい悪臭を発生するもの

(3) 爆発物,その他危険性のおそれのあるもの

(4) 処理施設を損なうおそれのあるもの

(5) 処理困難であるもの

(6) その他管理者が特に指定するもの

(受付時間)

第4条 搬入の受付時間は,次のとおりとする。

8時30分から12時まで及び13時から16時30分まで

(受付休止日)

第5条 搬入の受付休止日は,次の各号に掲げるとおりとする。ただし,管理者が特別の事由があると認めるときは,受付休止日においても受付することができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年1月3日までの日

(4) 前各号に掲げる日のほか,やむを得ない事由により管理者が必要と認める日

(計量)

第6条 プラザに搬入する廃棄物は,所定の場所で計量を受けなければならない。

(停止処分)

第7条 管理者は,廃棄物を搬入する者が法令,組合の条例及び規則に違反したときは,廃棄物の搬入を停止することができる。

(リサイクル工房の開館時間)

第8条 リサイクル工房(以下「工房」という。)の開館時間は,午前9時30分から午後4時までとする。ただし,管理者が必要と認めたときは臨時に変更することができる。

(工房の休館日)

第9条 工房の休館日は,次に掲げるとおりとする。ただし,管理者が必要と認めたときは,これを変更し,又は臨時に休館することができる。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律に規定する休日

(3) 12月28日から翌年の1月4日までの日

(使用の手続)

第10条 工房又は陶芸窯室を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は,リサイクル工房使用申請書(様式第1号)又は陶芸工房及び陶芸窯室使用許可申請書兼納付書(様式第2号)を提出し,管理者の許可を受けなければならない。

(使用の許可等)

第11条 管理者は,工房又は陶芸窯室の使用を許可した場合は,リサイクル工房使用許可書(様式第3号)又は陶芸工房及び陶芸窯室使用許可書兼領収書(様式第4号)を申請者に交付するものとする。

(使用料の免除)

第12条 条例第9条の規定により使用料の免除を受けようとする者は,第10条に規定する使用許可申請の際に,陶芸工房及び陶芸窯室使用料免除申請書(様式第5号)を管理者に提出しなければならない。

2 管理者は,条例第9条の規定により使用料の免除を決定したときは,陶芸工房及び陶芸窯室使用料免除決定通知書(様式第6号)により通知するものとする。

(使用料の還付)

第13条 条例第10条の規定により使用料の還付を受けようとする者は,陶芸工房及び陶芸窯室使用料還付申請書(様式第7号)に使用料を納付したことを証する書類を添えて,管理者に提出しなければならない。

2 管理者は,前項の申請があったときは,その可否を決定し、陶芸工房及び陶芸窯室使用料還付決定通知書(様式第8号)により通知するものとする。

(使用時間等)

第14条 工房の使用時間は,準備又は現状に復するために要する時間を含むものとし,第8条に定める開館時間内とする。

(委任)

第15条 この規則の施行について必要な事項は,管理者が別に定める。

付 則

この規則は,平成11年4月1日から施行する。ただし,第8条から第12条までの規定は,平成11年9月1日から施行する。

付 則(平成15年4月24日規則第3号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成19年3月30日規則第2号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成25年3月28日規則第4号)

この規則は,平成25年4月1日から施行する。

付 則(令和2年3月23日規則第1号)

この規則は,令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎地方塵芥処理組合くりーんプラザ・龍設置及び管理に関する条例施行規則

平成11年3月30日 規則第2号

(令和2年4月1日施行)