ホームへ移動 前のページへ戻る

施設概要/設備概要

1.施設概要

延床面積(㎡) 構造 備考
工場棟 16,396.13 S造・RC造 焼却設備
灰溶融固化設備
リサイクル設備
プラザ棟 2,068.82 S造・RC造 一般事務所
リサイクル関連施設
保管庫棟 480.00 S造
ストックヤード 480.00 S造
洗車場 175.22 S造
計量棟 26.25 RC造
  危険物保管庫 25.00 RC造
  A重油ポンプ室 19.53 CB造
  工業用水監視棟 9.00 CB造

面積・容積 埋立内容 使用年数
最終処分場
敷地面積 47,895(㎡)
埋立面積 19,800(㎡)
埋立容量 118,400(m3)
灰溶融スラグ
ダスト固化物
不燃物残渣
詳細表示
(当初計画)
 15年
 (H25年度末頃)
(現状)
 約36年
 (R16年度末頃)


2.設備概要


<ごみ処理・リサイクル設備>

能力 形式 炉内温度
 焼却設備 180t/日(90t/日×2炉) 全連続燃焼式
(ストーカ式)
850~950℃
 灰溶融固化設備 24t/日(12t/日×2炉) 表面回転溶融
(燃料式/都市ガス)
1,300℃
 リサイクル設備 40t/5h(破砕選別系)
40t/5h(資源回収系)
 3t/5h(資源プラ系)

<余熱利用設備>


 ごみの焼却熱を利用して排熱ボイラで蒸気を発生させ、余熱利用します。
概要
発電 蒸気を利用して発電し、工場内で使用します(売電なし)。
 ・蒸気タービン発電機 3φ6600V、1,500kW、4P
  (発電機形式 :三相交流同期発電機)
  (タービン形式:衝動5段落復水型タービン)
  タービン発電機をみる
給湯 蒸気を利用して、温水を作ります。
 ・建物内給湯
 ・建物外給湯(「湯ったり館」へ供給 : 1.8t/h)
  湯ったり館について
冷暖房 蒸気を利用して、建物の冷暖房をします。
 ・暖房
   蒸気を利用して温水を作り暖房します。
 ・冷房
   蒸気を二重効用吸収式冷凍機で使用し冷房します。
その他 白煙防止用空気加熱器、排ガス再過熱器、他で使用します。

<ユーティリティー設備>


概要
電気
・受電 3φ3W、6,600V
契約電力1600kW
・発電 蒸気タービン発電機
3φ3W、6,600V、1500kW(売電なし)
・非常用発電 ディーゼル発電機(A重油)
420V、500kW
・使用電圧 回転破砕機:3φ3W 6,600V
プラント:3φ3W 400V
建築動力:3φ3W 200V
建築照明:1φ3W 100/200V
・井戸水(プラザ棟は上水)
ガス
・都市ガス 灰溶融炉
回転破砕機の防爆用ボイラー
A重油
・補助ボイラー 焼却炉の休炉時用
・非常用発電機 停電用
・助燃バーナー 焼却炉の立上げ・立下げ用