ホームへ移動 前のページへ戻る

公害対策について

 公害対策についての、よくある質問をまとめてあります。

質問 回答
1  臭いが工場の外に出ませんか。  プラットホーム入口にあるエアカーテンなど、臭いを 外に出さないための装置が付けてあります。また、ごみを燃やす時に、燃焼空気と一緒に臭気も燃やしてしまう、などの工夫もしています。

 エアカーテンを見てみる
2  ごみを燃やすとダイオキシンが発生しませんか。  物を燃やせば、必ずダイオキシンが発生します。しかし、高温処理により、ダイオキシンを分解するようにしています。また、公害防止設備も整備されているので問題ありません。
3  煙突から出る煙は、問題 ありませんか。  国や組合の基準を満たす、奇麗な状態になっているので問題ありません。冬になると白い煙 のように見えるのは、気温が低くなったことにより、大気中の水分が見えているだけです。
4  最終処分場から、地下水への汚染などはありませんか。  5層の遮断シートにより、外に水を漏らしません。また、シート表面に穴が空いても、自動的に穴がふさがるようになっているので安全です。
5  工場から出る排水は、どうしているのですか。  工場で使用した水(プラント排水)は、施設内にある水処理施設で奇麗な状態にし、全て工場内で再利用しています。工場の外には、一切排出していません。

 水処理施設を見てみる
6  最終処分場に降った雨はどうなるのですか。  最終処分場に降った雨(浸出水)は、施設内の浸出水処理施設で奇麗な状態にし、工場内で再利用しています。再利用しきれなかった余剰分については、水質基準を満たした上で公共下水道へ放流しています。

 水処理施設を見てみる