○龍ケ崎地方塵芥処理組合自治功労者表彰条例

昭和58年2月16日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は,組合行政に功労のあつた者を,龍ケ崎地方塵芥処理組合功労者(以下「功労者」という。)として表彰することにより,広域塵芥行政の進歩発展に寄与することを目的とする。

(功労者)

第2条 次の各号に該当する者は,功労者とする。

(1) 管理者,副管理者,組合議会議員及び公平委員会委員の職に8年以上在職した者

(2) 前号に掲げる職にある者で疾病又は公務のための負傷により,所定の期限前に退職し,又は死亡した場合において,管理者が適当と認めたもの

2 前項に掲げるもののほか,管理者が広域塵芥行政の発展に特に功労があつたと認めたときは,功労者とすることができる。

(欠格)

第3条 前条に掲げる者について,功労者として表彰し難い重大な理由がある場合は,管理者は,これを表彰しないことができる。

(選定)

第4条 功労者は,この条例の定めるところにより,管理者が選定する。

(顕彰)

第5条 功労者の表彰は,組合定例議会の月に,管理者の賞状をもつて表彰し,且つ記念品を贈る。ただし,特別な事情がある場合には,表彰日を変更することができる。

(この条例施行の細目)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は,管理者が別に定める。

付 則

この条例は,公布の日から施行する。

付 則(平成5年2月26日条例第1号)

この条例は,公布の日から施行する。

付 則(平成19年2月14日条例第1号)

この条例は,平成19年4月1日から施行する。

龍ケ崎地方塵芥処理組合自治功労者表彰条例

昭和58年2月16日 条例第1号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第1章 規/
沿革情報
昭和58年2月16日 条例第1号
平成5年2月26日 条例第1号
平成19年2月14日 条例第1号